極真館 春日部支部

修練を通じ空手道場で鍛えるのは身体だけでなく極真館 春日部支部に伝わる伝統の精神

お問い合わせはこちら 24時間WEB予約はこちら

極真空手で心身を磨き上げる

それぞれの目標に合わせ道場で稽古に励む

    • 前へ
    • 次へ

    ご挨拶

    極真空手は故・大山倍達総裁の創始した直接打撃制の武道空手です。
    すべての武道は、いずれも厳しい自己修練を課し、その奥義を極めることによって自己の人格形成、すなわち人間としての正しい道を極める事を目指すものです。
    極真空手は、この武道本来の意味を全うすることを本義に置いています。
    直接打撃制、無差別による実践的空手を通し、相手の痛みを知ることによって、人間本来のやさしさを知るという理念も、極真空手の信ずる道です。
    極真空手には伝統的に受け継がれている精神である「頭は低く、目は高く、口慎んで 心広く孝を原点として他を益す」とは、極真空手創始者である故大山倍達自身が、長年厳しい修行人生の中で確立した極真精神です。
    また、極真の挨拶「押忍」には、尊敬、感謝、忍耐という精神があります。
    心身を錬磨すると同時に伝統や礼節を重んじる極真空手での修行が、老若男女問わず実生活に活かされると信じます。

    年齢を問わず誰もが空手に触れ稽古を通して健やかに学ぶ

    クラス紹介

    実生活にも活きる心と身体の鍛錬を丁寧に指導

    子供達が明るく元気に礼儀を学ぶ場として

    子供達が明るく元気に礼儀を学ぶ場として

    幼年部と少年部の初級クラスの稽古では、空手着の着方や返事や礼、正座の仕方などから始まる空手の初歩を指導します。明るく元気に練習に取り組みながら、あいさつのできる礼儀を重んじた精神を育んでいきましょう。

     

    動作の正確性に磨きをかけ選手会を目指す

    動作の正確性に磨きをかけ選手会を目指す

    少年部の中級で行うのは、礼儀作法に加えて基本動作の正確性を重視した指導です。上級では更に連続動作の練習にも力を入れ、選手会を通じて試合を想定した稽古も行っています。心身の鍛錬に加えて大会での成績も目指してみませんか。

    鍛錬からダイエットまで目的に合わせた指導

    鍛錬からダイエットまで目的に合わせた指導

    中学生以上の所属する一般部では、それぞれが目標の達成に向けて稽古に取り組みます。強くなりたいのはもちろん、健康やダイエット、ストレス解消など思いは様々です。生徒一人ひとりの気持ちに応えるため、指導員が丁寧に向き合います。

    空手の基本から目標に向けた練習まで丁寧に指導

    入門案内

    子供から大人までそれぞれのクラスで体を動かす

    少年部(中学生まで)

    • 入会金

      ¥4,400 (税込)

    • 月謝

      ¥7,700 (税込)

    • 空手着

      ¥11,000 (税込)

    • スポーツ保険

      ¥1,300 (税込)

    一般部(女子・壮年)

    • 入会金

      ¥5,500 (税込)

    • 月謝

      ¥11,000 (税込)

    • 空手着

      ¥11,000 (税込)

    • スポーツ保険

      ¥2,000 (税込)

    極真空手の伝統を受け継ぐ指導員による丁寧な練習

    創始者・支部長紹介

    尊敬と感謝の気持ちを忘れない厳しくも優しい稽古

    創始者紹介

    大山 倍達

    大山 倍達

    紹介文
    1923年7月27日、東京出身。
    9歳の頃から拳法を学び、38年3月、松濤館空手の創始者・船越義珍に初めて空手を学ぶ。
    47年、戦後初の全日本空手道選手権優勝。
    以後、プロレスラー、ボクサー空手家を相手に無敵を誇り遂には猛牛をも倒した。
    54年5月、大山道場設立。国際空手道連盟極真会館総裁。十段。
    1994年4月26日永眠

    閉じる


    道場に通う生徒が稽古を通じて抱いた極真空手への気持ち

    入門者の声

    練習で汗を流す生徒の感想から道場の雰囲気を知る

    前鶴結人・絢人

    前鶴結人・絢人

    ゆいと
    僕が空手をはじめたのは祖母の進めで体験に行ったことがきっかけです。はじめは昇級を目指して頑張っていたけど、大会にでて負けてしまって悔しかったので、今は試合で勝つことを目標に頑張っています。仲良しのお友達や弟と一生懸命練習して、お互いにもっと強くなれたら嬉しいです。


    あやと
    僕は年中のときに空手をはじめました。お兄ちゃんが空手をはじめたので、僕も一緒にやりたいと思いました。はじめはお母さんと離れるのが不安だったけど、先生や先輩が優しく教えてくれるので楽しく通えています。お友達もたくさんできたので良かったです。今は大会で一勝することを目指して練習しています。ゆいと
    僕が空手をはじめたのは祖母の進めで体験に行ったことがきっかけです。はじめは昇級を目指して頑張っていたけど、大会にでて負けてしまって悔しかったので、今は試合で勝つことを目標に頑張っています。仲良しのお友達や弟と一生懸命練習して、お互いにもっと強くなれたら嬉しいです。


     

    西村颯真・隼・宝幸

    西村颯真・隼・宝幸

    庄和道場

    西村宝幸、颯真、隼家族

    僕は、運動が得意ではなかったけれど、空手を始めて少しずつ体力に自信がついてきました。そして、始めた時は緊張していたけれど、一緒に空手をやっている友達はやさしく、青木先生も丁寧に教えてくれ、空手が楽しくなってきました。

    小学校を卒業するけれど、黒帯を目指して中学校でも頑張りたいです(颯真)

     

     僕は、今まで学校でも集中力がなかったけれど、空手で集中力がちょっとずつ上がってきました。これからも空手を通して、心も強くしていきたいです(隼)

     

     新型コロナウイルスをはじめ不安定な社会情勢のなか、変化に適応しなければならない時代になっています。そんな中、変化に強く、心身共に強くなってほしいこと、相手の痛みに寄り添っていける人になってほしいという願いで、息子二人に空手を習わせました。空手を習わせ僅か1年半年ですが、成長の速度に大人顔負けです。空手という新たな環境や人間関係への適応、続けていくという忍耐力も徐々についてきている印象で、一つのことを積み重ねることの大切さは分かってくれているように思います。そして、空手の楽しさを体感しているようで、青木師範をはじめ指導者の方々には大変感謝しております。

     私は、医療機関で対人援助職に就いています。そのため、心身のセルフマネジメントの意味でも空手を始めました。息子をはじめ少年部に負けないよう稽古に励んでいけたらと思います(宝幸)

     

    黒田煌雅・桜華

    黒田煌雅・桜華

    僕は4歳から空手をはじめました。
    体験が楽しかったのではじめたのですが、練習していくうちに、もっと強くなりたいと思うようになりました。
    たくさん練習して試合で優勝できるようになりたいです。


    私は体験に参加するのも初めは恥ずかしくてなかなか道場に入れなかったけど、頑張ってやってみたらとても楽しくて習うことにしました。
    試合に出ると他の道場のお友達もできてとても楽しいです。
    もっと練習して強くなって試合で優勝したいです。

    道場案内

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。